生態城スマート都市の建設、有名企業のエクスプレスに搭乗

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-09-27 10:51

最近、中新天津生態城のスマート都市建設に三名の強い「味方」が仲間入りした。天津市新型スマート都市建設の試行モデル区として、生態城管理委員会は短い一週間で華為、科大訊飛、中国移動と提携協議を締結した。彼らは、スマート都市建設の異なる分野と方向について協力意向を達成し、様々なスマート都市建設の技術や応用シーンの実行を推進し、スマート企業の集積を実現することによって、生態都市の建設が新たな段階に入るように促進していく。

先導的企業、生態城を見込み

華為も科大訊飛も中国移動も、有名な大手企業である。コア的技術を備えたこれらの企業は、細分化分野の先導的企業だけでなく、スマート都市建設の「ハードコア」の見本企業でもある。今回は期せずして一致して生態城との協力を選んだのは、生態城がスマート都市を構築する中で蓄えた十分な実力と発展潜在力を見込んだからである。

生態城管理委員会の関係責任者によると、生態城はスマート都市の建設を仕事の重要な手掛かりとし、生態都市、スマート都市の「二輪駆動」発展戦略を実施し、「生態都市アップグレード版」と「スマート都市イノベーション版」を作り上げている。上記の企業はクラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能、5 G技術応用などの面においてかなりの優位性を備えており、公共データ資源の開放、スマート科学技術産業の発展、スマート応用シーンの構築などの分野で協力を展開し、生態城のスマート都市建設を、生態城と共に推進していくという。

先日の調印式では、科大訊飛株式有限公司の高級副総裁、共同創始者の江涛氏は次のことを述べた。生態城にはスマート都市を構築するための基礎がしっかりしている。全国からみても、ここのスマート施設は非常に先進なのである。それが科大訊飛が生態城と協力する最大の理由だという。一方、華為と中国移動は生態城と、スマート都市の建設において提携作業を展開したことがある。今回は再びの「提携」で、スマート都市の建設に対してより深い協力を展開する見込みだ。

「人工知能は未来を牽引するための戦略的技術であり、新たな産業変革の中核的な駆動力でもある。華為は人工知能の基礎研究及び実際応用において豊富な経験を持ち、「プラットフォーム+AI+生態」の戦略を貫いてきました。近日閉幕したばかり第3回世界スマート大会では、華為と生態城が協力して作り上げた「天津都市スマート体」プロジェクトが正式に発足しました。このプロジェクトは人工知能の推理を通じて、スマート体内のグリーンウェーブの通行、信号時間の最適化などのプロジェクトの良性運行を実現し、生態城のスマート交通のレベルを効率的に向上しました。」華為政治・企業・クラウド副総裁の趙峰氏によると、華為は生態城と新区政府、公共安全、交通、電力、金融、放送、医療、教育などの業界の情報化建設及びスマート都市建設に積極的に参加している。将来、華為はインテリジェント時代に向けたデジタルベースを構築し、生態城ひいては浜海新区のデジタル化へのモデルチェンジを支援し、産業革新を駆動するだろうという。

「生態城はずっとスマート都市の「代名詞」であり、我々も生態城と緊密な協力関係を保ってきました。」中国移動通信グループ天津有限公司浜海支社の張磊副総経理によると、今後の5 G時代においても、生態城との提携を強化し、インタネットの構築だけでなく、応用建設の面においても、生態城のスマート都市建設をさらに深いレベルまで推進していく見込みだという。

開放型スマート都市の生態圏を構築

「上述の各分野での提携成果に基づき、生態城は上記企業との新たな協力パターンを探り、スマート産業の持続的な実行を推進していきます。」生態城経済局の関連責任者によると、生態城は、戦略的提携関係を結んでいる華為、科大訊飛、中国移動など国内外の有名企業と産業連盟を設立し、連盟内の各メンバーの優位性を発揮し、新しい産業資源を集約し、新産業プロジェクトを孵化し、開放型のスマート都市を形成している。

今回、生態城と華為が締結した深度提携協議では、華為が生態城でスマート都市イノベーション基地とパートナー産業連盟基地を設立し、区域内の企業に先進的で便利なソフトウェア開発クラウドと都市産業クラウドサービスを提供し、業界パートナーと共同で開放型スマート都市の生態圏を構築し、人工知能クラウドイノベーションセンター及びソフト開発クラウドイノベーションセンターを設立することが明らかに記述されていることに記者が気付いた。「我々は既存の生態城のデータをもとに、政策の許す状況で一部のデータを開放し、生態城の良好なデータ基礎と華為都市産業クラウドとソフトウェア開発を結合させ、革新的な応用業務を少し拡大してみたいです。同時に、提携によってより多くの企業を誘致し、産業が生態城での集積と発展を共に促進していきます。」と華為浜海新区業務部の担当者が語った。

「先導的企業との提携も他の企業を生態城に誘致するための重要な条件です。生態城は一連のスマート園区を建設し、スマート産業を育成し、スマートプロジェクトを導入し、スマートイノベーションプラットフォームを構築し、スマート科学技術産業を支柱産業にし、「ビッグスマート」産業クラスターの育成を加速させ、スマート都市とスマート科学技術産業との融合的な発展を推進します。」生態城経済局の関連責任者によると、華為、科大訊飛、中国移動のほか、生態城は太極、海量ビッグデータ、京東などのスマートハイテク産業プロジェクトを続々と導入する見込みだという。今後、生態城は企業のためにサービスプラットフォームを作り上げ、政策環境を提供し、ますます多くの企業を生態城に誘致する。それらの企業に、華為、科大訊飛、中国移動及び他の生態都市のスマート都市建設に参加している企業たちと、スマートが都市発展にどんなエネルギーをあたえられるかをめぐって交流を交わさせ、生態城をコピー可能、普及可能なスマート都市の見本とモデル基地に作りあげるために保障を提供する。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号